Shityakka ★ Mettyaka

生活エッセイとかコミックとか書きます。たぶん。

パソコンのスペックは正義。

こんにちは。

ずもです。

 

今日はいつもと全然違うお話をします。

(^^)

先日、知り合いにアップル製品のパソコンは、何を買ったらいいか相談されました。

 

『何買ったらいいか』は人によります。

用はパソコンで何をしたいか?によります。

 

私はパソコンのことは詳しくはないのですが何故かよく聞かれます。。

細かいガイドではなく、ざっくりとしたお話になりますことはご了承下さい。

 

===

 

パソコン。

かつてはいつも『OSの壁』を感じていました。

アプリケーションソフトが、今みたいにサブスクリプション(定額制)ではなく

パッケージで購入していた時代、、

 

周りとの互換性とか仕事環境とかで、ソフトを新バージョンに買い換える必要が出てくるのは時間の問題でした。

 

長く使ったOSはそれなりに評判も良く広く普及した気もします。(^^)

 

一応口コミとかも調べてから時期を見て購入してますしね。

 

そんなわけで過去にOSの壁にぶち当たった時。

パソコンを新調しています。

 

ソフトの買い換えは、かつてはもっと高い買い物でした。

 

プリンタ、スキャナ、カメラ。

周辺機器を新しくすると、それに対応したOSも必要になる。

最悪、パソコン買い替え。

まだ動くのに…!

 

逆も然り。

パソコンを新しくしたら、今持ってる周辺機器が対応しなくなった。

使えるのに…!

 

周辺機器とパソコン本体のイタチごっこでした。

 

今はサブスクのお陰でそうした悩みはなくなりました!

しかも最新バージョンを常に使う事ができる!最高か!

(^^)✨✨

 

容量や処理速度はどんどん進化しているので、今はどのパソコンを買っても、固まって動かん!虹色のグルグルにいらいら!

ってことは減りました。

 

ネットや動画見るくらいしかやらないのであれば、スペックが余るくらいの時代です。

素晴らしい進化。

 

つまるところMacに限るお話ではあるのですが、

ライトユーザーであればむしろスペックが余るくらいの性能です。

下位モデルで充分戦えます。

 

一方、

ソフトやOSも、容量や処理速度が早くなっているので、それを動かすパソコンにもそれなりなスペックが必要になります。やはりそこは比例します。

基本は昔より作業早くなったますがね。

 

でもそのパフォーマンスを得るには、使いたいソフトが能力を発揮するに十分な環境=スペックが必要になります。

 

それが、

『パソコンで何をしたいか』だと思います。

 

正直、『普通に使えればいい。』

『パソコンよくわかんないし』って方は

新品で最新のOSの下位モデルを買えばいいと思います。

気にするのは容量くらいでしょう。

 

グラフィックやったり、何か特別にやりたい事がある人は

CPUや容量、メモリ、、

そうしたワードを自分で調べるかすると思います。

 

今は特にない。

だけど家族で共有するとか

あれこれソフト入れるとか

近い将来ガンガン使う!

長く使いたい!

 

って人は

スペックはある程度積んだ方が良いです。

いつか買い替えのタイミングは、必ず来ますが

スペックが足りなくて買い替えするのは

勿体ないです。

ある程度初期に積んでおけば、それなりに長く頑張ってくれます。

快適度をキープして5年使えれば最高。

 

使いもしないのに高額なものを買う必要はないとは思いますが

ケチってスペックを落とすよりは

中の上くらいにはした方が按配かと思います。

 

あとはノートの場合、

メインにするかサブにするか。

据え置きで使うのか持ち運ぶのか。

その辺も関係しますね。

 

でっかい画面がいい!!

コンパクトに持ち運びたい!!

機動力や電池の持ちも関係しますね。

 

でもまぁやはり経験からしても。

 

パソコンのスペックは正義だと思う。