Shityakka ★ Mettyaka

生活エッセイとかコミックとか書きます。たぶん。

才能。嫉妬。仕事。能力。(後編)

こんにちは。

ずもです。

 

後半スタートです。

(前編は直前の記事となります。)

 

さて、前回までは

・才能がある人や努力できる人に『嫉妬』した過去の自分。

 

・ダメな自分を受け入れ、今のできることをやろう!できないことは少しでもできるようになろう!というマインドでやってきたこと。

 

ここまでお話しました。

 

『嫉妬』という感情が人の言動に影響するとき、大体がマイナスに働くのかなと思います。

 

自分を卑下する書き方もどうかと思うのですが…本当に私はポンコツの出来損ないのダメ社会人の不良品です。

だからこそ、前回の記事でお話ししたように、人の2倍3倍努力しないと、人並みになりません…。

…なれるのか?死ぬまでならないかもしれない…?

 

とにかく!

これまでのダメな自分を少しでも変えたくて、微力かもしれませんが、自分なりに自分を磨くようにしてきたのです!一応!

努力って言うほど、努力してないのかもしれませんが、何もしないよりは少しはマシになるだろう!

 

そして現在。

こんな事を言われるようになりました。

 

『ずもさんみたいに完璧じゃないから』

『何でもできますよね』

『そもそも頭の出来が違うから』

『できる子はちがうわ!』

 

皆さん良い方が多かったので、あからさまな嫉妬や嫌味で言われる事はありませんでした。

(そこは良い大人ですので当然かと思いますが💦)

それ言われるってことは、私もようやく、ある程度は人並みでいられるようになったんだな!

 

会社って、必ずしも能力が高い人が出世したり何かあって会社に残れるわけではないことを知りました。

完全成果主義社会と、年功序列社会と色々あるから。置かれた環境で求められてる事はできた上で、あとは所作術も必要です。人間関係で派閥とかもありますからね、、。ない方が良いですけども。

私も所作術として、わざと地味な服装をして、目立たないようにしていました。

 

自分のため。会社のため。みんなのために。

頑張ることは、良いこと。

私はそれを堂々と表に出せない環境にいました。

 

そこから数年経ち。

努力した結果は報われました。

しわ寄せばかりで大変でしたが、それだけ自分をアップデートできたという事は事実かと思います。

自分が積み重ねた努力で、できることが増えたって事です!

違う人から見ればちっぽけでも、自分的には以前よりも自分に自信が持てました。(^^)

そうして自分なりの仕事のスタンスや姿勢が作られてきました。

 

妬まれてるんだろーな。

影で言われてるんまろーなと。

そういう事もありましたが…

人の言葉借りると魂のステージ?が違うと言いますか。

つまらない考え方をする人に関わる必要はないし、相手をする気もありません。。(女の職場だったのでありましたよ)

 

同じステージ?にいて、前向きに頑張ろうともがいてる人は、スタンスが違っても応援します!

 

というか、

だめな私を、妬む人がいる。不思議ですねー笑。

自分がもうそうじゃなくなったから、あんまりその辺の周囲の感情にアンテナ立立ちません。

 

つまらん事言う奴はほっとけ!

 

私なんぞを羨ましいと思う暇があるなら、読書でもしてた方がいいのに。

 

人は人、自分は自分!

自分であることからは、生きてる限り逃げられない!

妬む暇あるなら、変わる努力しよう。

少しでも高みに近づけるように!

自分をアップデートするのは自分自分のマインドが悪いから、負の感情が湧くんだー!

 

あと、20代で趣味で学んだ英会話やFPも、今の自分の糧になっています。

やっておいてよかった!

やったてきた事は無駄にならない!

だいぶ時間が経ってから、役に立つ事もあるんだなーと、日々の積み重ねは大事だと、実感しています。

 

自分がつまらない感情を持つと、自分の進化も止まるので、なるべくニュートラルでいたいと思います。

 

最近、なんでもできるって言われるようになったけど。できねえよ。

それに、できる事しかやれないしやってないだけ…。できない事はやらぬ…。

 

2020年は学びの年にします!

頑張り続けることはやめたくない。

たとえゆっくりでも。

常に前に進んでいたいです。