Shityakka ★ Mettyaka

生活エッセイとかコミックとか書きます。たぶん。

休日満喫。

こんばんわに。

ずもです。

(^ν^)

 

今日は一人で街へショッピングしていました💕

また明日から雨続きですからね〜…;

さすがに骨が折れてる傘はみっともないので、

買い替えついでに色々お買い物をしてきました。

 

ネイルカラーもゲット♫💅と…

数ヶ月悩んで悩んで腕時計を買いました✨

自分への誕プレ!!!

 

住民税に数万払っているのに、好きなものは躊躇する。。

私の買い物なんてたかがしれているのになあ。。

なんっで自分で稼いでいるのにそんなに払わなきゃいけないんじゃ!

おい国ぃ!

日本という名のブラック企業めえぇ

 

---

 

さて。

前回の記事でぴょん吉との別離を書きました。

 

相手が私と切れたくないってのは理解する。

だけどそれは相手都合なだけで、私の気持ちは考えられていなかった。

自分の気持ちを犠牲にしてまで、繋がってたくない。

 

繋がっていることでもやもやしていたので

今回は自分からバイバイすることに決めましたが

 ぴょん吉だけではなく、今まで切れた相手とも

一緒にご飯食べたり、冗談言ったり

共に楽しく過ごした時間は確かにあったのに。

それよりも負の感情が勝ってしまって『切れる』とうのは悲しいことですね。

 

その暗い気持ちもあって今日はお出かけをしました。

気分リフレッシュせねば!

 

大したことしてなくてもHAPPYと感じられることの素晴らしさ。

今日電車に乗っていて、車窓から海が見えればいいのにって思いました。

なんて空が青いんだ。

沖繩行きたい。

 

鬱を経験して、本当に自分をごきげんにしておくことの重要さ

娯楽をピュアに楽しむことって大事やな!って思いました。

 

そんな最中、カフェでコーヒータイム。

隣にいた20代後半二人組が、なにやら熱く語っていました。

 

すごく偏った意見がぽろぽろ。

どうやらスマホアプリのゲームや、『どう○つの森』とかの

ゲームをする人を馬鹿にしているようですぞ。

要約すると

『そんなもんは、家庭や職場でのストレスを発散して逃げ場がない女共がやるもの。金も増えんし。

そんなふうにゲームに逃げてるから、いつまでも変わらない。

世間話では合わせるけど、まじで無駄中の無駄。低レベル。

夜の街での接待も、お偉いさんや社長とか紹介してもらえるなら有益だけど

飲み過ぎて騒ぐだけならゲームと変わらん。俺は意識高いからそんな連中とは違う。

インスタもやる暇ないくらい俺は忙しい。』

って感じでした。

 

Mr.サゲスミン。(蔑み、より命名

真面目なところ悪いけど、イタすぎて候。笑

 

でもどうやら会社員ぽい。

(実業家とか経営者じゃないんかいww)

話聞いてるのはその人より少し若い兄ちゃん(25歳とか言ってたな)。

兄ちゃんはMr.サゲスミンを尊敬しまくっていた。

 

まあ、どう思おうと価値観はそれぞれだから別にいいと思うけど

馬鹿にするのはよくないと思うぞ。

実際に『どう○つの森』は売れまくってて経済への貢献度は大きいぞ!

すごく偏っている上に既婚女性への蔑視すごい。

こいつの下で絶対に働きたくねーわって思った。

(働かないけど。)

 

私だって日常のストレスを狩猟生活することで吹っ飛ばしてるよ。

何がだめなん?

迷惑かけてるどころか、SO○Yやカプ○ンには経済的に貢献してるんだけどなー。

 

 

青二才めが!

こんなところで兄ちゃんに中身のない『俺すげえ』を披露してないで

ビジネス書でも読んだらどうだい。

結局お偉いさん紹介してもらいたいって時点で他力本願じゃないですかー。

 

遊びの中に(こそ)ビジネスへのヒントはあるんだよ!

何が人の心をとらえるのかを学び、たぬ○ちに商いを教えてもらいたまえよ〜

そしてデカイ声で話すのをやめなさいな。うるさかったよ。(笑)

イタいし。

 

 

コーヒーおいしかったけど

のんびりできなくて残念。

 

でも今日は必要なものも買えたし

おしゃれビルでコスメ買ったり、欲しかった時計も買っちゃって

テンション上がる一日でした✨✨

 

素敵なものや美味しいものを提供してくださる人(作り手や運び手や売り手諸々)がいる。

社会にはみんな役目がある。

だから娯楽や生活は成り立つのだよ!

その、小学校で学ぶようなことを、大人たちはコロナで思い知ったはず。

 

民度の低さにがっかりしたけど、良い人間もちゃんといる。

その人々の『喜び』や『充実』を支えるのにも

みんな役割がある。きっと。

 

むだなものなんてないのだよー。

だからばかにしちゃいけませんよね。