Shityakka ★ Mettyaka

生活エッセイとかコミックとか書きます。たぶん。

拝啓 一年前の自分へ。

こんにちわに。

ずもです。

 

仕事環境のストレスが原因で鬱になり、休職することを決めたあの日から、もうすぐ丸一年が経とうとしています。。

 

この一年、つらかった。

最初の半年は特に感情の起伏があった。

この渦中に誕生日を迎えて、昨年は『今年の誕生日は辛いなあ』って思ってた。

 

来年の自分は、どうしているだろうか。

どうやって過ごしているだろうか。

また、働くことができているだろうか。

この状況から抜け出せるのはいつになるのだろうか。

抜け出せるのだろうか。

 

そんなことを思って不安の渦の中にいた。

 

今も当時も日記をつけているので、自分がどういう気分で日々を過ごしていたのか大体遡ることができます。

 

私の中ではまだまだ過ぎ去りし過去にならなくて、心も頭も整理はつかないままです。

散らかった部屋にそのまま鍵をかけて、見ないようにしてこの半年は過ごしてきました。

 

振り返ってもちゃんとは思い出さないように。

そうしないとまた自分が壊れるから。

自分を守るためにそうしてきました。

 

 

退職を決めて、めまいで倒れるまで2週間。日記は空白になっている。

倒れた日の朝のことははっきり覚えている。

倒れたというのは適正な表現ではなく、あの日は起き上がることさえできなかった。寝返りさえ打てなかった。

そこから数日の間、立って歩くことができず、数日後にようやく病院に行けるまで回復。

そして実家に身を寄せ療養することになったのでした。

 

会社でお世話になった方に大変よくしていただいたおかげで、法定通り、手当を受け取る事ができたのと、

元々自分の担当業務に人事業務も含まれていたので、社労士の先生に直接自分の退職後の処理を頼む事ができた。

人の手は借りたけど、自分でケリをつけたことになるのだろうか。

 

 

過去の自分へ。

 

大丈夫。

今、私は、またもう一度、社会の中で働く事ができています。なんとか呼吸できています。元の自分、(鬱以前の自分)に戻る事はまだできていないし、この先もできないかもしれない。

 

だけど、それでいいと思う。

 

今まで、自分より人を優先して、自分の事を疎かにしてきた。もうそういう事はやめよう。しなくていい。

無理矢理人に合わせなくていい。

波長が合わない人とは一緒にいなくていい。

 

大丈夫。

自分が健康でお仕事できていれば、とりあえずは毎日を歩いて行ける。

家族と自分を大事にすればいい。

そのために、そこそこの真面目さで仕事はこなしていけばいいよ。

 

できない事はできないって言えばいい。

嫌われてもいーじゃん。

無理して好かれなくていーじゃん。

妬まれてもいーじゃん。

誰かを嫌いになったっていーじゃん。

仕事は生活の種。

割り切っていこ。それは悪いことじゃないよ。

 

大丈夫だよ。

仕事は人生の全てではない。

大事だけど、それだけが人生じゃない。

やりたい事やっていこう。

趣味楽しんでいこう。

 

好きな音楽を聴き、本を読み、絵を描き、美しい景色をみて、美味しいものを食べよう。

 

人に迷惑かけず

普通に誠実に生きればいい。

人のために消耗しなくていい。

それは裏切りにはあたらない。

むやみに『いい人』するのやめよう。

他人は所詮他人だよ。

信じすぎちゃだめ。でも裏切っちゃだめ。

程々に距離取って、刺激からは逃げて下さい。

 

 

 

 

無理矢理人付き合いをする必要がなくなり、とても楽になった。

悩む必要もなくなった。

更にコロナが追い風になった。

 

わたしはやはり一人が合っています。

自分の時間が必要です。

一人が快適というよりは、受けるストレスをなるべく減らしたいし

まだまだそうやっていかないと

またメンタルが潰れてしまうから。

 

人は一人で生きられないけど

なるべく人に関わらず生きてゆく。

 

心の健康のために、今はそれがいい。