Shityakka ★ Mettyaka

生活エッセイとかコミックとか書きます。たぶん。

ほどほどの距離がよい。

こんばんわに。

ずもです。

 

最近、おつかれ気味です。

 

ここ最近忙しくないので疲れます。(※?)

※忙しい方が時の流れが早く感じるので精神的に楽ですの意。

 

昨日、お客様で、知り合いに激似の方がいらっしゃいました。

失礼ながら、、知り合い本人ではないことを確認するために、何度も見てしまいました。。。うん、別人なんだけど。でもめっちゃ似てました。

 

本人だとしたら会いたくない人だったのでよかったです。

 

過去は変えられないけど、自分から掘り起こして思い出す必要はないので、思い出して嫌な気分になりそうだなと思ったら、スイッチ入らないように記憶のスイッチはブレーカーごと落とします。考えないのが一番だ!

 

そしてその時。

自分がその人から、隠れたい・逃げたい、とは思ってないことに気がつきました。

悪いのは相手ですし、私は誠実に生きていただけなのよね。

 うしろめたいことは何もない。

 

------------------------------------------------

 

ここ最近思うことは。

20代の頃は未来のためにとか、誰かのためにとか、職場のためにとか思って行動をしていました。

本当に誠実で、価値観を同じくする人とは通じ合えるのです。本当に。

だけど実際は、そうでない場合の付き合いが多いです。

 

結局、適度に離れてるのが一番よい。

近すぎても苦しいし。遠すぎても淡白。

人も会社も、お互いほどほどが良いってことよ。

 

今、同期の子いて、つい優しく面倒見ちゃう自分がいるのですが。

『ここまでにしよう。やりすぎちゃいかん。』って線を引く自分がいます。

まだ心に住んでる今までの自分は『えぇー冷たい。できるんならサポートしてあげなよー。』と言ってきます。

 

対して現在の自分は『その子だって大人なんだから、大丈夫だよ。聞かれたら答える、でいいんだよ。やりすぎたら自分がしんどくなるよ。前と同じこと繰り返すよ。』と。

 

正直、職場のサポート体制は穴があります。

その穴を私は社会経験で補って『なんとかなるさ』でやってます。自分一人なら。

同期はそれがないから不安だろーなと思うのです。

 

でも

 

でも

 

助けるの

 

もうやめよう!!!

 

自分がまず一人前になることが先。

彼女もできる子だから信じよう。

 

そんな感じ。

冷たい?かどうかはわかりません。

おせっかいしなくてもできる子だから大丈夫。

できないなら先輩方が助けるべし。

みなさん親切だから大丈夫。

 

ちょっと冷たいかもしれないけど、今までの自分からしたらそう思うだけで、それが普通かもしれない。デフォルトに戻ろう。

 

ここずっといろんなことがあって、特にここ数年で出会った人は自分にとって『良くない』人がほんとうに多かった気がする。

見返りを期待したり、打算であったり、人のために頑張るのを利用する人ばかりでした。

それを『裏切られた』と自分が思うなら、やらなきゃいいのですが、人の為エネルギーが行動基準のひとつだから、そこはどうしても抗えない自分の性なのです。

 

そしてこれからもその性は変えない。(そうすぐに変わらないよ。)

その代わり『この人の為に頑張ろう』って思えない相手とは、そもそもの距離を置くことにしました。裏切られたって思いたくないし、人を憎みたくないし。

 

また、一度助けると依存されることもあるので面倒見すぎは危険といえよう。

甘える人はどこまでも甘える。甘えない人は最初から甘えない。 

相手によっては自分がその人のお母さん役になってしまう。

そのさじ加減うまくできないから、

 

最初から付き合い自体をセーブします。

 

別の同期には同情を求められるのですが、私の反応がうすすぎるくらい薄いので

いずれ寄ってこなくなるだろう。

自分に興味ないんだろーなって態度の人には、人は寄らなくなりますから。

 

そうやって意識的に遮断しないと、また同じことになる。

 

人は誰かに何かに期待して、勝手に裏切られたと言って、腹を立てたりするのですが、それは間違っていて

やって欲しいことがあるなら言わなきゃ伝わらないし、言わずに腹を立てるのは『何勝手に起こってんの?』ってまさにその通り。

 

言っても伝わらないのであればそもそもの価値観が違うんだと思う。

→私が出会った激似さんのご本人。

言葉は通じてたけど、見てるもの感じ方はまるで違っていたので、だから最後の話し合いはすれ違いで終わった。

 

言葉が通じるのと、意味が通じるのと、気持ちが通じ合うのはすべて違うこと。

HSPとそうでない人もそうだし、頭の回転や理解度もそう。

片方には見えてて、片方には見えない。

まさに、マジックミラーのように視界をゆがめるものがある。

 

私は『所詮他人は他人。分かり合えないなら、うまく付き合うための妥協点さがす。うまく付き合えるラインで付き合う。』というスタンスだったので、『理解してもらえなくても、自分もできないからいいやーお互い一方通行だもん。しゃーなし。』と思ってそこそこの距離で行こうとしていたのに対し

 

相手の方は『理解できないんだよね。何で?何で?』としつこかった。

その時点で既にすれ違ってるのですよ。。

理解はしなくていいのです。必要ないのです。何も求めてないんだよ。

 

他人は所詮他人で、家族であっても別の人間で、基本は分かり合えないものなのさ。

だけど通じ合えたならその時は、その互いにリンクしてることを共有すれば良い。

 

友達100人できるかな

 

って歌あるけど

できねえよ派。

ただ、100通りの妥協点はみつかるかもしれないです笑

 

シンクロ率は100%じゃなくたっていいじゃん。

常に50%のシンクロ率でも、合ってる時は80%になるのもアリだし

いつも平均30%もよし。

 

適度がいい。なんにしても。