Shityakka ★ Mettyaka

生活エッセイとかコミックとか書きます。たぶん。

言葉の壁。

こんばんは。

ずもです。

 

コロナウイルスの感染が拡大してニュースになってる中、私のいるしゃちほこの国にも、中国の方が訪れております。

 

お仕事はじめたばかりで、ただでさえ分からない事が多いのですが、その中で外国の方への対応を求められます。

 

お互い、英語が母国語ではないので、翻訳しことを話しても通じません…。

 

今日は閉店後に、免税カウンターへお連れしました。

スマホで『親切にしてくれてありがとう。』と言ってくれました。

案内中、外に出た時に、上着を貸そうか?と言って(言葉わからんけど)くださいました。

 

私の案内も上手くはないのに、今日は日本に来て、1日目。

松本や白川郷に行く予定だそうです。

歴史に興味があり、徳川家康という名前も出てきました(^^)

 

下手な案内でごめんね。

来てくれて嬉しい、ありがとう!

楽しんできてね!

 

これがすっ…と。仮に言えてもお互いの英語は通じない。

お店として、不手際でご迷惑もお掛けしたのに、満面の笑みで帰っていただけました。台湾のご夫婦でした。

 

この、日本滞在の1日目に、ここにきてくれてありがとうございますって思いました。( ^∀^)

 

どうか、どうか

楽しんできて。素敵な思い出たくさん作ってから帰国して欲しいです。

 

言葉が通じなくても、何をして欲しいかは察せる。

だけどそれをなかなか伝えられなくて、『?』ってさせてしまうことがもどかしい。

 

なのでもっと、また英語を勉強しようと思いました!

 

そして

同じ日本語でも『伝わらない』ことも多いのに、言語が違うのに『伝わる』。

伝わるというよりは、通じ合えた!と思う瞬間でした。

 

どこまで寄り添うか?

なのかなぁと思います。

 

言葉は言いたい事を伝えるツールのひとつです。

言葉だけじゃ伝わらない事もたくさんあるし、その反対もあるなと思いました。

 

今日は自分が仕事ついていけてなくて、ポンコツぶりを発揮していましたが、海外のお客様にとびきりの笑顔で帰っていただけたので、良かった!と思った日でした。

 

ありがとう。