Shityakka ★ Mettyaka

生活エッセイとかコミックとか書きます。たぶん。

力の源。

今日のほぼ日手帳に書かれている、糸井重里さんの言葉。

 

『知られていることで、面倒なこともあるかもしれないが、人が知っていてくれて、しかも理解してもらえたり、応援してもらえたら、思ってる以上の力が発揮できる』

 

ライフスタイルが変わり、人と疎遠になるお年頃です。友達に会った日、またねーって帰る時も『もう会わないかもしれない』って何となく心によぎるようになりました。

だから、会ってお話しする時間は大切にしています。貴重な時間だから。

 

特に女性は結婚したりすると、生活リズムが変わるのでお互い遠慮して疎遠になりがち。それは仕方がないから別によい。寂しさもその内慣れてきます。忙しくてなかなか時間つくれないのはわかるから。

 

だからこそ時間を共有している間は楽しく明るく過ごしたいと思う。その後は気持ち良く別れたいと思う。もしかしてそれが最後になるかもしれないし、今度会う時が10年後だったとしても気持ちよい関係でいたいから。

 

LINEやメールが発達して、離れて暮らす家族ともリアルなやりとりができるのは素晴らしい事。

その、SNSのフットワークの軽さは肯定します。

でも、人とのコミュニケーションを軽く考えていいわけじゃない。軽くなったのはツールだけ。

既読スルーとか。ブロックとか。無闇に使うのは違うと思うんです。

 

糸井さんの言葉のように、私にも力が出る人がいました。たぶん好きでした。

最初は恋愛に近いものでしたが、次第に人としての愛情に変わりました。

相手の事、家族とかの事は何も知らなくて、踏み込めず距離を置いたままでした。自分の想いが、恋愛感情なのかもわからなくて、だからそれ以上の関係になりたいとかもなかったのですが、ただ側にいたかったんだなあ、私。

 

って事にここ最近気づいたのはここ最近。鬱になって会わなくなってから。

でもその人との『この先』はないから、

いずれお別れする日は来ると思ってたらなった。。うん。やっぱ好きだったわこれ。

 

バイト先で会った人も、楽しくやってたけど急に来なくなりました。たぶん、飛びました。昨日会って話した人が、次の日から姿消す。

 

わたしは仕事がぼっちだったので、バイト仲間ができて嬉しいよ。今日喋った子もそう言ってた。きて欲しいって言ってたのに、それは飛ばずに続ける理由にはしてもらえなかったと思うと、関係は浅から仕方ないけど寂しいですね。

 

私が社員だったら、彼女を守ってあげられたかもしれないけど。

 

会社が悪いのか。

彼女に常識がないのか。ないだけなんですよね現実問題として。

仲良くなったのになぁ。寂しいもんです。。

 

人に固執したり。依存したりしてしまうから。簡単に切り捨てる事ができなくて、不毛な関係を楽しんでしまう事もあってそれはもう切れたけど

 

縁あって出会った人とは、気持ち良い関係でいたいです。

 

師走に入り、年末までに会っておこう!と約束もちらほら。

今の人間関係、バイト先での仲間は来年から会う事はないけど。

仲良くしてくれてありがとう。

あと少しだけど楽しくやりましょーと思ってます。

 

でも、深入りすると気苦労が増えるからそこそこがいいですね。

そこは譲らず。